アユミギャラリー|有形文化財建築のギャラリーで芸術を楽しむ

アユミギャラリー|有形文化財建築のギャラリーで芸術を楽しむ

[Best_Wordpress_Gallery gallery_type=”thumbnails” theme_id=”1″ gallery_id=”21″ sort_by=”order” order_by=”asc” show_search_box=”0″ search_box_width=”180″ image_column_number=”10″ images_per_page=”30″ image_title=”none” image_enable_page=”1″ thumb_width=”180″ thumb_height=”90″ thumb_click_action=”undefined” thumb_link_target=”undefined” popup_fullscreen=”0″ popup_autoplay=”0″ popup_width=”800″ popup_height=”500″ popup_effect=”fade” popup_interval=”3″ popup_enable_filmstrip=”1″ popup_filmstrip_height=”70″ popup_enable_ctrl_btn=”1″ popup_enable_fullscreen=”1″ popup_enable_info=”1″ popup_info_always_show=”0″ popup_enable_rate=”0″ popup_enable_comment=”1″ popup_hit_counter=”0″ popup_enable_facebook=”1″ popup_enable_twitter=”1″ popup_enable_google=”1″ popup_enable_pinterest=”0″ popup_enable_tumblr=”0″ watermark_type=”none” watermark_link=”http://web-dorado.com”]

アユミギャラリーの特徴

ポイント  有形文化財
特集  –

有形文化財の旧高橋建築事務所

アユミギャラリーの一番の特徴はその建築にあります。この建築は、戦後の復旧期、1953年に高橋建築事務所として建設されました。建築家の高橋氏は、大正12年にロンドンに渡って建築の修業をしたという珍しい経歴を持っています。戦後の日本の建築史の中でも有名です。現在は1階はアユミギャラリー、2階は鈴木喜一建築計画工房として使用されています。また、有形文化財としても登録されている建築です。1984年に一階をギャラリーとしてオープンし、途中閉鎖していた時期はあったものの、今でも神楽坂の由緒あるギャラリーとして人気です。

様々なアーティストの表現の場

アユミギャラリーは貸画廊のため、スケジュールが合えば様々な人が使用できます。建築関連の展覧会だけに関わらず、絵画、服飾、写真、陶器・・・等ありとあらゆるジャンルの展覧会が行われています。入場料は無料のため、神楽坂に来た時間の合間に気軽に訪れることができます。

 

アユミギャラリーの詳細

名前  アユミギャラリー / Ayumi Gallery
ジャンル  ギャラリー
時間  11:00-19:00
定休日  不定休
電話  0332691202
メール  ag@ayumi-g.com
住所  〒162-0805 東京都新宿区矢来町114
HP  http://www.ayumi-g.com/

 

アユミギャラリーへのアクセス

◆神楽坂駅出口1を出て右、もしくは神楽坂駅出口2を出て左へ進み、徒歩1分。