神楽坂祭り!地元民が教える阿波踊り大会、ほおずき市を楽しむポイント!

神楽坂祭り!地元民が教える阿波踊り大会、ほおずき市を楽しむポイント!

[Best_Wordpress_Gallery gallery_type=”thumbnails” theme_id=”1″ gallery_id=”32″ sort_by=”order” order_by=”asc” show_search_box=”0″ search_box_width=”180″ image_column_number=”5″ images_per_page=”30″ image_title=”none” image_enable_page=”1″ thumb_width=”180″ thumb_height=”90″ thumb_click_action=”undefined” thumb_link_target=”undefined” popup_fullscreen=”0″ popup_autoplay=”0″ popup_width=”800″ popup_height=”500″ popup_effect=”fade” popup_interval=”2″ popup_enable_filmstrip=”1″ popup_filmstrip_height=”70″ popup_enable_ctrl_btn=”1″ popup_enable_fullscreen=”1″ popup_enable_info=”1″ popup_info_always_show=”0″ popup_enable_rate=”0″ popup_enable_comment=”1″ popup_hit_counter=”0″ popup_enable_facebook=”1″ popup_enable_twitter=”1″ popup_enable_google=”1″ popup_enable_pinterest=”0″ popup_enable_tumblr=”0″ watermark_type=”none” watermark_link=”http://web-dorado.com”]

神楽坂まつりを楽しもう!

神楽坂まつりは、神楽坂通りをメインとし、神楽坂1~6丁目付近のお店が参加しています。とても限られた範囲で行われるにも関わらず、毎年5万人以上が集まるお祭りです。神楽坂ならではの見どころが沢山あります!是非この内容をチェックしてお出かけください。

 

2016年の神楽坂まつりの詳細

開催期間 7月27日(水)~7月30日(土)
※第一部:ほおずき市 7月27日(水)・28日(木)17:30-22:00
※第二部:阿波踊り大会 7月29日(金)・7月30日(土)19:00-21:00 ※30日18:00-19:00は子供の阿波踊り
場所 神楽坂下~赤城神社付近までの神楽坂通り ※最寄り駅は飯田橋駅B3出口
来場者数 約50,000~60,000人
露店 50~60店舗 ※ほおずき市の期間のみ

 

ここが楽しい!神楽坂まつりを楽しむ7つのポイント

1. 神楽坂の有名店の屋台が並ぶ!

ほおずき市の2日間は、神楽坂通りに50店舗程の屋台が立ち並びます。それらの屋台は、神楽坂の有名店が出す屋台なんです!なので、他のお祭りでよく目にするものとは違って、そのお店ごとに工夫されたとってもおいしいものばかり食べられます。ご飯やスイーツ、サングリアなどのドリンクも沢山・・!通常のメニューにはもちろんないものですし、神楽坂まつりでしか味わえないものなので、ぜひ試してみてください!

屋台の詳細はこちら

 

2. 二日間で3500人が踊る阿波踊り!

阿波踊り大会が行われる2日間は、屋台がなくなり、とにかく沢山の人で神楽坂通りがあふれかえります。阿波踊りに参加する人たちは、この日のために練習を重ねてきた人たちで、プロの方もアマチュアの方もいらっしゃいます。2日間で延べ約3500人が踊ります。30日の18:00-19:00は、子供たちが踊ります。とってもかわいいです!この二日間は阿波踊りの音楽があふれて、一番の賑わいを見せる時間です。場所取りは禁止されているので、じっくり見たい方は早めに行かれることをおススメします。

 

3. 毘沙門天境内の子供縁日!

ほおずき市の2日間は、毘沙門天境内で19:30まで、子供縁日が開催されています。金魚すくい、ヨーヨー釣り、スーパーボールすくい、お面販売等が楽しめます。なくなり次第終了となるそうです。

 

4. 毘沙門天のステージでのパフォーマンス!

毘沙門天ではステージでのパフォーマンスを見ることができます。

 

5. 浴衣の着付けサービスを利用しよう!

NPO法人、粋なまちづくり倶楽部が開催する、浴衣の着付けサービスもあります!自分で着るのが大変な人はぜひ利用してみてください。貸出はないので、浴衣、小物、履物はすべて持参をしてください。

◆受付場所:毘沙門天境内 「ゆかたでコンシェルジェ」
◆受付時間:27日・28日 17:00-19:00 先着順

 

6. 健康を祈願する伝統行事、ほうろく灸に参加できる!

ほうろく灸とは、江戸時代から300年の歴史がある健康祈願の伝統行事です。夏の土用の時期に行われるもので、毘沙門天により神楽坂まつりの時期にいつも実施されます。頭にほうろくをかぶせ、その上に火がついたもぐさを乗せます。夏バテや頭痛を治したりといったご利益があると言われています。誰でも参加可能です。各回抽選で10名にほおずき鉢がプレゼントされます。

◆日時:28日(木)15:00、17:00(希望者多数の場合は各回に2回目、3回目を追加)
◆初穂料:¥3,000
◆申し込み・問い合わせ:03‐3269-0641 (毘沙門天善国寺)

 

7. 神楽坂ガイドツアーも!

23,24日に二日間、NPO法人、粋なまちづくり倶楽部によって、神楽坂のガイドツアーが行われます。17:30-19:30の間に、人数が集まり次第出発します。浴衣を着たガイドの方と一緒に30分ほどをかけて神楽坂をまわります。浴衣を着ていくと、無料で記念写真のプレゼントがあります!

◆日時:27日(水)・28日(木)17:30-19:30
◆受付場所:毘沙門天境内 「ゆかたでコンシェルジェ」
◆拘束時間:約30-40分

 

さらに楽しむコツはこれ

1. 浴衣で行こう!お得なサービスが!

浴衣を着て買い物や飲食をすると、様々なサービスがあります!サービス内容はお店によってちがいます。ドリンクやビールを一杯サービスしてくれたり、プレゼントをもらえたり、お会計から値引きサービスがあったり・・!必ず浴衣を着て行くべし!自分で着れない人も、前述した浴衣着付けサービスがあります!

 

2. お店を予約しておこう!

お祭りの期間はとにかく人が多いです。お祭りを楽しんだ後、少し休憩をしたくなった時、いきなりお店へ入っても入れないことが多いです。行きたいお店があったら予約をしておきましょう!

 

3. 阿波踊りを見ながら食事ができるレストラン

見たいけど、人ごみの中で阿波踊りを鑑賞するのは大変だ・・という方!阿波踊りが開催される神楽坂通りに面していて、外を眺めながら食事ができる場所をピックアップしました。席数が限られていることや、特別な日なので、詳細はお店に確認をお願いします。

1. YEBISU BAR

2. 龍公亭

3. La cuchara

4. イカセンター

5. つみき

6. La Cuesta

 

 

最新神楽坂通りの地図

Kagurazaka2015

引用:神楽坂通り商店街より