Le Brasserie(ラ・ブラスリー)|神楽坂にあるフランスの小さな町でフレンチを

Le Brasserie(ラ・ブラスリー)|神楽坂にあるフランスの小さな町でフレンチを

[Best_Wordpress_Gallery gallery_type=”thumbnails” theme_id=”1″ gallery_id=”9″ sort_by=”order” order_by=”asc” show_search_box=”0″ search_box_width=”180″ image_column_number=”10″ images_per_page=”30″ image_title=”none” image_enable_page=”1″ thumb_width=”90″ thumb_height=”90″ thumb_click_action=”undefined” thumb_link_target=”undefined” popup_fullscreen=”0″ popup_autoplay=”0″ popup_width=”800″ popup_height=”500″ popup_effect=”fade” popup_interval=”3″ popup_enable_filmstrip=”1″ popup_filmstrip_height=”70″ popup_enable_ctrl_btn=”1″ popup_enable_fullscreen=”1″ popup_enable_info=”1″ popup_info_always_show=”0″ popup_enable_rate=”0″ popup_enable_comment=”1″ popup_hit_counter=”0″ popup_enable_facebook=”1″ popup_enable_twitter=”1″ popup_enable_google=”1″ popup_enable_pinterest=”0″ popup_enable_tumblr=”0″ watermark_type=”none” watermark_link=”http://web-dorado.com”]

ラ・ブラスリーの特徴

ポイント  テラスがおしゃれ、本格フレンチを堪能
特集  テラスが素敵なお店

フランスの田舎に来たみたい

ラ・ブラスリーがある場所は、フランス政府公式機関の日仏学院の敷地の中。そのため、一歩敷地に入るとフランス人も多く、フランスの田舎町へ来たみたいな雰囲気になります。レストランは緑に囲まれていて、テラスも素敵です。フランスの気分に浸りながら、ゆっくり過ごすのにおススメです。

フランスの美食文化を発信

日仏学院の中にあるレストランとして、その一つの役割はフランスの美食文化を発信すること。そのため、美味しい料理が出てくることはもちろん、イベントも多く開催されています。ワインの試飲会やシェフによるセミナー、フランス語で美食文化を学んだり、音楽のイベントも。

ウエディングも

素敵なテラスでガーデンウェディングやナイトウェディング、立食パーティーなど、様々なスタイルのウエディングパーティーもしてくれるそうです。

 

ラ・ブラスリーの詳細

名前 Le Brasserie/ ラ・ブラスリー
ジャンル フレンチ
時間 ランチ11:45-15:00(L.O. 14:30), ディナー18:00-21:30(L.O. 21:00) ※日曜はランチのみ
定休日 月曜日
電話 0352062741
住所 〒162-8415 東京都新宿区市谷船河原町15
平均予算 ランチ¥2,000~、ディナー¥5,000~
HP http://www.institutfrancais.jp/tokyo/services/brasserie/

 

ラ・ブラスリーへのアクセス

◆JR飯田橋駅西口を出て外堀通りを市ヶ谷方面へ進む。ガソリンスタンドの手前の逢坂を右折し、築土神社の手前の道を右折する。階段を上った、日仏学院の中。徒歩7分。