弥生|故勘三郎氏も認める神楽坂の料亭

弥生|故勘三郎氏も認める神楽坂の料亭

[Best_Wordpress_Gallery gallery_type=”thumbnails” theme_id=”1″ gallery_id=”37″ sort_by=”order” order_by=”asc” show_search_box=”0″ search_box_width=”180″ image_column_number=”5″ images_per_page=”30″ image_title=”none” image_enable_page=”1″ thumb_width=”180″ thumb_height=”90″ thumb_click_action=”undefined” thumb_link_target=”undefined” popup_fullscreen=”0″ popup_autoplay=”0″ popup_width=”800″ popup_height=”500″ popup_effect=”fade” popup_interval=”2″ popup_enable_filmstrip=”1″ popup_filmstrip_height=”70″ popup_enable_ctrl_btn=”1″ popup_enable_fullscreen=”1″ popup_enable_info=”1″ popup_info_always_show=”0″ popup_enable_rate=”0″ popup_enable_comment=”1″ popup_hit_counter=”0″ popup_enable_facebook=”1″ popup_enable_twitter=”1″ popup_enable_google=”1″ popup_enable_pinterest=”0″ popup_enable_tumblr=”0″ watermark_type=”none” watermark_link=”http://web-dorado.com”]

弥生の特徴

ポイント  著名人も認める
特集  –

故中村勘三郎氏も認めた料理

弥生は歌舞伎役者の、故中村勘三郎氏がお気に入りのお店の一つでした。店内には、普通には見ることができない歌舞伎にまつわる勘三郎氏の遺品も見られます。

神楽坂の伝統的な割烹を受け継ぐ

弥生は、神楽坂の和食の老舗、うを徳、めの惣のご兄弟がやられています。うを徳は、明治の文豪、泉鏡花の作品の中にも出てくる老舗です。そのつながりがすぐ納得できるような、質の高い料理は多くの著名人も魅了しています。

昼間は気軽に料亭のランチが楽しめる

高級な料亭には珍しく、ランチは1000円ほどでランチが楽しめます。夜は中々いけない人や、美味しいランチを食べたい人はおススメです。感じのいい奥様が迎えてくれます。

 

弥生の詳細

名前 旬の善 弥生
ジャンル 和食
時間 昼11:30-14:00, 夜17:30~22:00
定休日 不定休
電話 0332670031
住所 〒162-0825 東京都新宿区神楽坂3-6
平均予算 ランチ¥1,000~ ディナー¥15,000~

 

弥生へのアクセス

◆地下鉄飯田橋駅B3出口を出て、神楽坂通りを上り、椿屋という雑貨のお店の手前の道を左折すると右手に見える。徒歩5分。